WMS基礎知識

システムで在庫管理をするメリット

  • 2018.01.17
  • 倉庫業務・管理

倉庫内で管理している商品のことを「在庫」といいます。
システムで在庫を管理する場合、

  • 実際に倉庫で管理している実物の商品を「実在庫」
  • システムで管理している商品を「論理在庫」

とよんでいます。

在庫管理イメージ

在庫管理の必要性

では、なぜシステムでの在庫管理が必要なのでしょうか。
正しく在庫を把握していないと、以下のような問題が発生することがあります。

  • 注文を受けたが、在庫があるかどうか分からない。
  • 在庫があるのに受注してしまった。
  • 必要以上に在庫してしまい、期限切れの商品を大量に出してしまった。
  • 期限切れにも関わらず、在庫したままで無駄な保管費用が発生してしまった。
  • 出荷商品がどこにあるか分からず、探すのに時間がかかってしまった。
  • 出荷頻度が低い商品がいつまでも大量に残っていて、保管スペースを圧迫してしまった。
  • 冷蔵商品を常温で保管したため、廃棄することになってしまった。

このように、正しく在庫を把握していないと金銭的・時間ロスにつながります。しかし、日々の受発注の業務に加えて、在庫管理まで正確に行うことは容易ではありません。

問題の解決方法
・倉庫管理システム(WMS)を導入する

在庫管理をシステム化することによって、人的ミスや時間ロスを減らします。

・倉庫業者に委託する

外部の倉庫業者に在庫管理自体を委託(※)する動きも増えています。
(※)在庫管理を代行するサービスを「サード・パーティー・ロジスティクス(3PL)」といいます

  

ここでは、倉庫管理システム(WMS)を導入する解決方法について、もう少し説明します。

在庫管理において重要なこと

倉庫で在庫管理をする場合、ある「商品」がどの「場所」に「いくつ」あるかを把握する必要があります。

(1)「商品」

商品とは商品コードだけではなく、製造日や賞味期限、ロットまでの情報があります。
1つの細かな「商品」の単位を「1SKU(在庫維持単位)」といいます。
  
【SKUが商品コードだけの場合の問題点】
SKUが商品コードだけの場合だと、以下の問題が発生します。

  • 賞味期限が切れているものを出荷してしまう。
  • 出荷する順番がバラバラになってしまう。
  • ロット不良時に、適切な在庫調整ができない。

生鮮食品や飲料などは、賞味期限前だからといって、必ずしも出荷できるわけではありません。
一般的に製造日から賞味期限を割り出し、その1/3までに出荷するように期限を定めます。在庫管理を行う上で、適切な出荷期限を割り出し、出荷の可否を正確にする必要があります。

(2)「場所」

商品を格納する場所で、倉庫内の決められた住所のように管理します。
この「場所」の管理を「ロケーション管理」といいます。
  
在庫は平置きしているだけでは、どこに何があるかが分からず、整理する必要があります。
写真のように「列」や「段」などに区切られて保管していれば、出荷時の作業軽減にもつながります。
また、スペースがどこにあるかなどが視覚的に分かりやすくなり、入荷時の棚入もスムーズに行うことができます。
  
また、用途に応じて、複数の商品を混載する、逆に同じ商品のみしか入れないなど、制限を設けることもあります。商品によっては冷蔵、冷凍など温度帯の管理が必要になることもあります。

COOOLaで出来ること

COOOLaを導入することで上記のような課題が解決します。

(1)SKU管理

COOOLaでは、賞味期限、入庫日、3つの自由な設定が出来る在庫を管理するキー(在庫管理キー)を設定できます。どの荷主でも適切な在庫管理・入出荷管理ができます。

(2)出荷期限管理

商品ごとに出荷期限を設定できます。
出荷時には出荷期限をチェックしていますので期限切れを出荷してしまうような誤出荷を確実に防ぎます。

(3)最大5階層のロケーション管理

「建屋」「階層」「列」「連」「段」と最大5階層まで設定することができます。
様々なシチュエーションに合わせて細かく設定できます。

(4)温度帯管理

商品、ロケーションともに温度帯を設定することができます。
温度帯の異なった棚入れをチェックしていますので、間違いが発生しません。

(5)在庫の照会機能

様々な抽出条件、集計条件によってニーズに合わせた表示が可能です。
また、長期滞留している商品や期限切れとなっている商品のみを表示する機能もあり、
不良在庫をすぐ見つけることができます。
対象の在庫があった場合、TOP画面にもアラートが表示されます。

(6)トレーサビリティ

COOOLaでは1SKU、入庫日単位ごとに「インストアコード」を持っています。
「いつ」「どのロット」「どこのロケーション」という情報が入出荷のデータと連動しているため後追いが簡単に行えます。ロット不良が見つかった時の対象の出荷の調査や在庫調整に適しています。

 

COOOLa機能の詳細はこちら