WMS基礎知識

入荷から入庫までの作業効率を上げる

  • 2017.12.15
  • 倉庫業務・管理

生産拠点や仕入先から発送された商品が倉庫に到着することを「入荷」といいます。
また、入荷した商品を倉庫に受け入れする作業全般を「入庫」といいます。倉庫に商品が在庫されていく大変重要な作業です。
この作業で商品や数量、ロットなどの情報を間違えるようなことがあると倉庫内の在庫の信頼性が著しく信用できないものとなってしまいます。

以前は、手作業で行っていることが多くありましたが、最近では、倉庫管理システム(WMS)のハンディーターミナルを使用した効率化が図られています。

入荷検品イメージ

入荷から入庫までの作業

一般的には、以下の2つの作業があります。

・入荷検品

到着した商品を検査します。
商品にキズがついていないか等、状態をチェックし、倉庫に受け入れしてよいかを判断します。
また、事前に入荷予定データをいただいた上で商品、数量、ロットを確認します。
この作業においては以下のような問題点があります。

  • 入荷予定をもらえない、入荷予定と実際に入ってきた商品や数量が異なることもしばしばあります。これによって正しい入荷予定を確認するなどの手間が発生することになります。
  • 紙のみの運用では、既に入荷済みの入荷予定と間違えて突合させてしまうことがあります。
  • 商品にバーコードがついていない場合、人の目で判断することで間違った商品を登録してしまうことがあります。
・入荷棚入

入荷検品で受け入れた商品の格納場所(ロケーション)を決定します。
この作業においては以下のような問題点があります。

  • どの棚に入れたか、いつ入れたかわからなくなることがあります。そのため、手書きで棚に商品や数量を書いた紙を貼っておくことがあり、手間がかかります。
  • 冷蔵商品を間違えて常温の倉庫に入れてしまう。商品ごとに適切な温度帯での保管が重要になります。
  • サイズ違いの商品を同じ棚に入れてしまい、出荷時に間違って出荷してしまった。

 

このような問題点を、倉庫管理システム(WMS)を導入することで防ぐことが出来ます。

COOOLaで出来ること
  • COOOLaでは入荷予定を画面からの登録だけでなく、CSVファイルでの取込も行うことが出来ます。
    予定が変更になった場合も修正が容易で、より正確な情報を維持することが出来ます。
  • 入荷予定の進捗ステータス管理を行っています。
    既に入庫済みの入荷予定リストを使用してもエラーとなり、間違うことはありません。また、予定リストの出力管理も行っているため、未出力の予定リストだけを出力することもできます。
  • バーコードラベル発行用のデータ出力が出来ます。
    入荷予定をもとに出力することで必要な商品、数量分のラベルの発行が可能です。
  • 商品の突合はハンディターミナルを使用することで、人の目による見間違いなどがなくなり正確に行うことが出来ます。
  • 棚入れをすると「入庫かんばん」を出力することが出来ます。
    商品情報やロット、入庫日、数量やバーコードが印字されているため、棚に何が入っているか一目瞭然です。
  • 商品、ロケーションそれぞれに温度帯が設定できます。
    商品を温度帯が異なるロケーションに棚入れしようとするとエラーとなるため、異なる温度帯への格納ミスがなくなります。
  • ロケーションには単一商品のみと設定により変えることができるため、見た目で判別しにくい紛らわしい商品を同じロケーションで格納できないようにすることができます。

 

COOOLa機能の詳細はこちら