WMS BASIC KNOWLEDGE WMSの基礎知識

物流倉庫業務の効率化にWMSを導入する必要性とは?

2023.12.15

倉庫業務・管理

近年、多くの物流倉庫では業務効率化を進める流れがあります。そして多くの現場に導入されているのが、WMS(倉庫管理システム)です。
今回は、WMSがなぜ物流倉庫の業務効率化に必要なのか、導入のメリットを含めてご紹介します。

物流倉庫の業務効率化にまつわる課題

多くの物流倉庫の業務においては、業務を効率化するべき次のような課題があります。

在庫差異や誤出荷などのミスが頻発している

倉庫内業務のミスやトラブルの原因の大半だと言われているのがヒューマンエラーです。アナログによる在庫管理やピッキングはミスが起こりがちです。人がカウントして入力したり、数量を把握して商品を取ったりする際の誤りや、出荷時に伝票の貼り付けミスなどで誤出荷につながることもあります。

リードタイムが長い

出荷指示が出てから出荷までの作業が手間取っており、リードタイムが長いことに課題を感じているケースも少なくありません。これも人手で管理や出荷作業を行うことで、余計な手間がかかってしまったり、ミスをカバーしなければならなかったりすることが原因となることもあります。

属人化により作業者によって効率に差が出ている

作業の属人化は、人手不足が進むとより生じやすくなります。熟練者に業務の負担が偏ると、離職や休職によって業務効率は下がります。新しい人員を確保しても、業務を教えにくいこともデメリットです。

どこがボトルネックになっているか不明で改善できない

属人化やアナログ管理を背景に、ボトルネックを見つけ出せないという課題もあります。どこに穴があるのかわからなければ、改善がむずかしくなってしまいます。

倉庫内DXが進まない

物流業界の慢性的な人材不足や増える物流量の解決策の一つとして、倉庫業務の自動化によるDXが進められています。しかしDX人材不足やコスト、環境面からなかなか進まない課題もあります。

WMSの物流倉庫業務におけるメリット

物流倉庫内で生じている業務の課題を解決するために、WMS(倉庫管理システム)の導入が進んでいます。

WMSとは

WMSとは「Warehouse Management System」の略称で、倉庫内の入出荷管理、在庫管理、ロケーション管理など倉庫業務全般を一元管理できるシステムです。導入することで業務の正確性向上・効率化が期待できるため、注目されています。

WMSの機能

WMSの基本機能として、入庫管理・出庫管理、在庫管理、棚卸管理、帳票作成、加工指示管理、ロケーション管理、請求データ作成・出力、ハンディターミナルを用いた入荷検品棚入、ピッキング検品などがあります。

WMSの導入メリット

WMSを倉庫に導入することで、業務効率化につながる次のようなメリットが得られます。

●在庫の最適な出荷順序を指定できる

WMSで管理すれば、人による管理とは異なり、在庫の最適な出荷順序を指定しながら、効率よく出荷作業ができます。

●業務の標準化を実現できる

WMSでロケーション管理などを行うことで、従来、熟練者に依存していたロケーションも標準化され、属人化を解消することができます。また熟練者も新人も同じ環境で作業できるようにもなるでしょう。

●倉庫内の見える化が可能になる

WMSを用いれば、倉庫内の在庫をリアルタイムで正確に把握できるほか、在庫情報や入出荷の履歴も確認できるため、倉庫内の見える化が可能になります。適正な在庫管理のほか、倉庫内全体を常に見通せるため、ボトルネックを見つけやすくなるメリットがあります。

●倉庫内DXの第一歩となる

WMSは倉庫内DXを進める第一歩となります。入出荷管理や在庫管理などが自動化された後は、梱包作業を自動化する自動梱包機を導入するなどすれば、倉庫全体のオートメーション化に発展するでしょう。

【関連コラム】
倉庫管理システム(WMS)とは?導入のメリットや特長をご紹介
WMS(倉庫管理システム)導入のメリット・デメリットは?わかりやすく解説!

WMSが物流倉庫業務の効率化に必要な理由

WMSは、物流倉庫の効率化に有効です。導入の必要性については次のことが考えられます。

業務効率化により「物流2024年問題」などに対応できる

働き方改革関連法によるトラックドライバーの時間外労働時間の上限規制により生じる諸問題「物流2024年問題」への対応策として、リードタイム削減などの面でWMSは役立ちます。より効率的に倉庫内作業が進むことで、トラックドライバーの残業時間の低減に寄与します。

ヒューマンエラーの削減によりクレーム率低減

WMSはヒューマンエラーを削減することから、誤出荷などを減らすことでクレーム率の低減にもつながる可能性があります。

属人化の解消や働き方改革につながる

属人化の解消は業務効率化による生産性向上につながります。また短い時間で生産性が向上すれば、働き方改革にも寄与するため、経営的にもメリットがあります。

倉庫内の見える化によるリスク管理

倉庫内全体の見える化による管理や業務改善を実現しながら、リスク管理も可能になります。未然にリスクを回避できる見込みがあります。

人件費削減につながる

これまで人手によって行われてきた業務が自動化され、短い時間かつ少ない人員で回せるようになることで、人件費の削減につながります。

まとめ

WMSは、倉庫内の物流業務を効率化するのに役立ちます。さらに企業経営に関わるさまざまなメリットにもつながるでしょう。

WMSの導入をお考えの方は、ぜひ「COOOLa」をご検討ください。

COOOLaは、物流・倉庫業務の生産性を追求したシステムであり、倉庫業務を行うさまざまな企業様の課題や悩みを解決します。お困りの際には、ぜひお気軽にご相談ください。

記事一覧へ

WMSに関する
お役立ち資料を無料進呈

クラウド型倉庫管理システムCOOOLaの
強みや標準機能、導入の流れについて
ご紹介します。

資料内容

  1. 物流現場の生産性をとことん追求 COOOLaの強み
  2. 追加費用はいっさい不要 標準機能ラインナップ
  3. クラウド型倉庫管理システム COOOLa 導入の流れ
  4. ブライセンについて
資料をダウンロードする

関連記事